スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Tag:スポンサー広告 

【技】伏せ読み3+総括

伏せ読み1伏せ読み2の続きです。1、2を読んだ上で読んでもらえればと思います><

3,相手の思考しているタイミング、仕草を見ること。

初めに断っておきますが、3,は遊戯王が上手い?人には特に通用しません。
分かってる人は事前に自分のターンである程度の想定をしてこの場面に何を使うか使わないかを判断してくる為、発動タイミング時での思考時間が少なく、3,が判断材料になりません。
また、事前に自分のターンに考えてくる以上3,を警戒していることは確かなので裏を捕ろうとブラフのセットカードを確認しながら思考してくる等するのであまり過信しすぎない方が良いです。

逆を言えば適当にやってる人に対しては非常に効果的です。

では以上を踏まえた上で話します
例えば虫ミラーで、こちらの攻撃宣言時に相手が悩んでいるようであれば十中八九伏せにフリーチェーンが有る事が分かります。
結局相手が何も発動しなくてもフリーチェーンを持っていることが分かります。

このように、相手がプレイを考えるタイミングで何が伏せにあるのかが分かります。相手によっては場所まで分かります。

3に関しては短いですが以上です。3は1、2よりも心理戦の面が強すぎるのであまり深く書いても仕方ないので^^;



総括

伏せを読む事は相手との駆け引きもある為、簡単な事では無いです。しかし、安定して読めるようになれば勝率は間違い無く上がります。
今回は分り易くする為に伏せのみに着目して書いてきましたが、本来であればハンドのモンスターやヴェーラーの有る無しまで特定できます。考えてプレイしてみましょう。

また今まで書いてきた相手の伏せを読むコツですが、これを相手が自分にも使っていると思ってみて下さい。
どのようにプレイするべきかが分かってくると思います。自分のターンのうちにある程度のパターンの対処を考えておく等々相手に情報を与えない、誤った情報を与える事を意識してみると遊戯王が一層楽しくなると思います。


おわり。

スポンサーサイト

Tag:プレイ論  comment:0 

【技】伏せ読み2

伏せ読み1の続きです。1を読んだ上で読んでもらえればと思います><



2,罠カードの使われた順番、墓地を確認すること。

分かりやすく説明する為にとても簡単な例をだします。虫ミラーだと仮定します。

相手は5伏せをしてきました。それに対して返しのターン自分はダンセルを召喚しました。相手はこのダンセルに神の宣告を打ちました。

この例だと残りの4伏せが神の警告激流葬ダンセルを殺せるフリーチェーンではない事が分かります。
又、墓地に神の宣告が落ちているので当たり前ですが神の宣告はもう無いことが分かります。
これで、残りの4伏せが上記のリストと照らし合わせるとリビングデッド、奈落の落とし穴、サイクロン、禁じられた聖槍、強制脱出装置、ブラフぐらいまで絞ることができます。
ここまで分かっていれば例え4伏せでも展開が非常にしやすいと思います。
これと似たような事を相手がカードを発動できるタイミング毎にやっていけば残っていったカードは相当絞れることと思います。

また墓地を確認することで確率論の面からも伏せをある程度リスクは負いますが絞ることができます。
例えば、激流葬を1回事前に打たれていた場合まだ伏せに激流葬がある確率は他の使われていないカードよりも低いです。
しかし、100%激流葬はない訳じゃないのでこれを適用するかどうかは状況次第です。


これに関しては相手の上手い下手があまり出ないので信用していって大丈夫です。
もし相手が裏を捕ろうと思って弱いカードで対処できるのにあえて強いカードで対処してくる事も有るかもしれませんが、そのようなプレイは大半が大きな裏目を抱えていて博打的な行為になりがちなので、進んで行ってくるプレイヤーも少ない為、安定した勝率を考える上では気にする事では無いと思います。


今日はこれで終わりです。明日は3,を書いていきます

Tag:プレイ論  comment:0 

【技】伏せ読み1

今回は伏せの読み方について書いていきます。
分割点が3つ4つ有るので4日ぐらいに分けて投稿していくつもりですので毎日チェックしてね^-^
プレイング系は書いても得が無いのでできれば書きたくないんですけどネタが無いので書いてきます><
なので割と有益な記事になるんじゃないかなーって思います><



伏せカードは魔法か罠カードならば何でもよくて確実に罠である必要はありません。
おそらくこの要素がプレイングの幅をかなり広げていて遊戯王が上手いか下手か如実に現れる所だと考えています。

まず、伏せカードを読む上でのポイントは簡単に3つあります。

1,環境で流行っている各デッキの罠カードを把握すること。
2,罠カードの使われた順番、墓地を確認すること。
3,相手の思考しているタイミング、仕草を見ること。

2,3,は1,ができていることによって成り立ちます。つまり1,は確実にできていないといけません。

1,環境で流行っている各デッキの罠カードを把握すること。

これがどういったことかと言うと、基本的に積まれてもいないカードまで考慮して伏せを読もうとしていたら、伏せを読みながら絞っていっても該当するカードが多すぎて最終的に分からないからです。
伏せ読みはあらかじめメジャーな候補の中から該当するものを探していきます。

例えば甲虫装機であれば、リビングデッド、激流葬、神の警告、神の宣告、奈落の落とし穴、サイクロン、禁じられた聖槍、強制脱出装置、ライヤー・ワイヤー、サンダー・ブレイク、ブラフ程の中から考えます。

もうこの時点でミラーフォースや次元幽閉を警戒する必要が無いことが分かりますね。


大規模非公認大会での上位入賞者のレシピをかかさずチェックすることで候補は自ずとでてくると思います。
もちろん上記に無いカードが投入されている可能性もあります。
しかし、だからといって全てのカードから伏せを考えるのは賢くないので仕方の無い事だと思います><

基本的に上記に挙げたようなカードはそのデッキが長い間使われ続けて精錬された結果辿り着いたカード達なので、上記に無いカードで強いカードを使われた場合は相手を賞賛するぐらいで良いと思います。単純に相手が上手かっただけの話です。自分がそうなるように努力しましょう><



今日はこれで終わりです。明日は2,について書きます。是非お楽しみに><><

Tag:プレイ論  comment:0 

【雑】昨日の話+ちょっと為になること

昨日考えてたデッキ1個作るって奴ですが
制限改訂次第で今考えても意味無くなる可能性がちらついて怖いので
制限改訂確定してから全部考えていきます><

それまでは特に書くことも無いので面白そうなカードの紹介やプレイングでも書いてます。
大会によく入賞できる人とCSよく出場してるのに入賞できない人の違いとかも紹介できたら面白そうなんですけどまだ思案中です><



ちょろっと書くと
自分のデッキと使用頻度が高いカードに対する認知度がまず違うんじゃないかなーと思います。
この認知度っていうのカード1枚1枚に対するルールについてです。


例えば相手がブレードハートSSして効果発動を宣言、こちらはヴェーラーを持っているもののメイン終了時に打てば無効になると思っていて効果発動に対してヴェーラーはスルー。
そしてメイン終了時にヴェーラーを打ったところで相手がおそらくジャッジに裁定を確認すると思います。

で、これの裁定がこちら
Q.《機甲忍者ブレード・ハート》や《トライデント・ドラギオン》が自身の効果で複数回攻撃が可能になった後、《エフェクト・ヴェーラー》の効果を受けた場合、何回攻撃できますか? 
A.攻撃回数は1回に戻らず、複数回攻撃できます。

つまり自分の勝手なルール判断(無知)によって、今の状況であればライフ4400以下であれば負けています。
割と知らなければやってしまいそうなシチュレーションではないでしょうか?

このような遊戯王の技術的な面に関係の無いところで試合を落としている様では勝ち続けることは不可能です。

ルールを知ることによって勝ちを拾えることがあったり、自分から負けるといったことが無くなるなります。

また、ルールを相手が誤認していて、相手がそれを気づかずにその主張をゴリ押し、通してくることもあります。
これはつい先日のJCSの某動画にも残っていました。
墓地のヘラクレイノスを蘇生できるのに相手はテキストを確認後できないと言って、結局どうでも良いスレイブタイガーを仕方なく蘇生して負けていました。

これの本来の裁定がこちらです。
Q:蘇生制限を満たしているこのカードを墓地から特殊召喚できますか?
A:はい、できます。(09/03/07)

つまり自分のデッキを理解していれば、できますよと教えてジャッジを呼ぶなりして目的通りヘラクレイノスを蘇生することができたのです。おそらくヘラクレイノスを擁立できていたらかなり有利な立場になっていたと記憶しています。
これに関しては、自分のデッキのことを理解していない方が100%悪いと思います。

また、ジャッジは遊戯王事務局から
発生以前の状況に関与できない。つまり「このカードを今使ったらどうなりますか」や「今このカードを使用できますか」といった質問には回答できない。ジャッジは発生した事象に対処する。
と定められています。
つまり、事前にジャッジに確認をとって進める事が基本的にできません。

以上のことから、自分のデッキに対する理解、使用頻度の高いカードについての理解がCS8回戦程を勝ち続けるには必須のことだと言えるでしょう。よく勝っている方はこれが前提としてできている人が殆どだと思います。
負けている人=ルールを知らない人とは言いませんが、、
勝っている人は前提としてルールを熟知しているように思えます。

知識に遊戯王が上手い下手は関係無いので、勝てない人はできるとこからやっていってみてはどうでしょうか?

Tag:プレイ論  comment:0 

プロフィール

はく

Author:はく
ネットで遊戯王やってます。
リアルはカードプールについていくのが困難で放置中。
コメントで意見どんどんしてもらえると嬉しいです。
意見交換の場として使いたいので!

ツイッターもやってるので気軽にフォローお願いします。
ツイッター:haku_haku_haku

最新トラックバック
カレンダー(月別)
08 ≪│2017/09│≫ 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
全記事表示リンク

全ての記事を表示する

カウンター
検索フォーム
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。